マレーシアで働く-病欠に必須の書類「MC」って何?

カテゴリ:
就職関連
更新日:
2020.01.27
マレーシアで働く-病欠に必須の書類「MC」って何?
マレーシアで働かれる中で、よく耳にするのが「MC」という言葉です。 このMCとはMedical Certificates(診断書)の略で、会社を病気で欠席することの意味合いで使われています。 今回はいざという時のために、MCを取得する方法についてご紹介します。

「病気で欠勤」の場合に使われる「MC」の意味とは?

 

マレーシアで働いていると、おそらく耳にするのが「MC(エムシー)」という言葉。使われた方としてはこんな感じ。

 

「あれ! (同僚の)●●●は、今日はまだ来てないんだね?」
「ああ、●●●はエムシーだよ」

 

この「MC エムシー」は「Medical Certificate (診断書)」の略。マレーシアの多くの企業では、病気で休む場合には医師の診断書(MC)の提出が義務付けられているのですが、なぜか「診断書」を意味する「MC」が「病欠」の意味合いで使われているようです。

 

「病気で欠勤」の場合に使われる「MC」の意味とは?

 

「MC」を取得する方法

 

基本的にはMCは、休む当日、または前日に病院やクリニックで取得する必要があります。

 

個人的には動けないくらい体調が悪い時にしか会社を休まないので、MCを取得するためにクリニックに行くこと自体がかなり大変。車を持たない一人暮らしにはつらい制度な気がします。

 

風邪など寝ていれば治る程度の状態なら、家の近くのローカル経営のクリニックが行くのも楽だし、診察料も安いのでおすすめ。初診の場合は身分証を求められるので、パスポートを持参しましょう。なお、企業によっては社員が受診する「パネルクリニック」を指定している場合もあります。

 

ひと通り診察したら、たいてい医師の方から「MCは必要?」と聞いてきます。もし聞かれなければ、働ける状態なのか、休養が必要かを医師に確認しましょう。

 

休養が必要となった場合、支払いの際に、薬や領収書などと一緒にMCを渡してくれます。MCには、「診断の結果、●日間は療養すること」とあり、いってみればドクターストップのような内容です。

 

出社したら、この「MC」を人事の担当者に渡します。

 

マレーシアでは病気休暇は労働法で規定されているが……

 

日本では「病欠には有給休暇は使えない!」なんていう会社もまだまだあったりしますが、その点、マレーシアは「有給休暇 Annual Leave」のほかに、有給で休める「病気休暇 Sick Leave」が労働法でしっかり規定されています。

 

とはいえ、病気休暇の制度を悪用するマレーシア人もいるようで、2019年4月には、4000枚以上の偽のMCを販売した疑いで6人のマレーシア人が逮捕されています。ちなみに、偽MCの値段は1枚25リンギットだったそう。

出典

 

まとめ MCがないと欠勤扱いにされる場合も

 

日本とはまったく違うMCのシステムを知らなかったため、きちんと上司に報告してから休んだのに、MCを取得していなくて病気休暇の扱いにしてもらえなかったというケースもあるようです。

 

入社する際に、病気休暇のシステムについても確認しておくことをオススメします。

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました