マレーシア:通勤用の服装ってどうしてる?

カテゴリ:
就職関連
更新日:
2020.02.02
マレーシアでの就職を予定されている方にとって「どのような服装で出勤すればいいのか」は、気になるポイントの一つではないでしょうか。企業や業種によっても異なりますが、マレーシアのオフィスでの服装は、一般的に「オフィスカジュアル」であることが多いです。とはいえ「どれくらいカジュアルで良いのか」気になりますよね。今回は弊社で働くスタッフの「リアルなオフィスカジュアル」をご紹介します。

マレーシアで働く日本人はどんな服を着ているの? 「オフィスカジュアル」の例をご紹介!

 

マレーシアのオフィスでの服装は、一般的に「オフィスカジュアル」。とはいえ、これからマレーシアで働くという場合、「どれくらいカジュアルでいいのか」が気になるところ。そこで、ご参考までにAN Asiaで働くスタッフの「リアルなオフィスカジュアル」をご紹介します。

 

マレーシアのオフィスカジュアル① 20代女性(営業)

 

 

■気を付けていること
露出しすぎないこと、動きやすく、しかもきちんと見える服を選んでいます。シワがある場合はアイロンをかけてから着るようにしています。

 

マレーシアのオフィスカジュアル② 30代女性(内勤)

 

 

■気を付けていること
通勤時に15分くらい歩くのですが、結構汗をかくのでコットン素材のものを選んでいます。治安がそこまでよくない場所も歩くので、ひったくりなどに狙われないように明らかに日本人だとわかるような服装は避けるようにしています。お客様を訪問するときは、少しフォーマルな服装を選び、会社に置いているネイビーのジャケットを合わせます。日本で働いていたオフィスはもっとフォーマルで、ストッキングにパンプスが基本でした。日本で着ていたスーツなどフォーマルな服も持ってきたのですが、今のところまったく着る機会がありません。

マレーシアのオフィスカジュアル③ 30代男性(マーケティング)

 

 

■気を付けていること
コーディネートを考える時間がもったいないので、毎日同じ服装。黒のTシャツにジーンズです。営業や打ち合あわせで出かけるときは、スニーカーではなく革靴を履き、ジャケットを合わせます。

 

業種や職種によって「オフィスカジュアル」はかなり異なる

 

Go Malaysiaのオフィスは、IT系のスタッフも多く、カジュアル度は高めといえると思います。ホテルやレストランなどのサービスラインで働く方は、当然もっとフォーマルな服装だと思います。また、日系企業を訪問する機会が多い方はフォーマル度が高いようです。

 

暑い国は、カジュアル度が高め?!

 

ォーマルな服は、暑い!気候も理由の一つだと思いますが、マレーシアのような常夏の国では、オフィスのドレスコーは結構ゆるめです。

 

男性でいうと、ネクタイは基本的に不要。半袖のYシャツを着れば、ジャケットも不要です。無地のTシャツにジャケットを合わせれば、外回りもOKという企業も多いようです。女性の方が、服装に関してはやはり自由度は高め。ストッキング、パンプス、スーツは不要。靴はカジュアル過ぎないサンダルを履いている人が多いようです。

 

ちなみに、マレーシア人の女性はオフィスでもすっぴんという人が多いです。日本人はメイクをしている人が多いですが、マストではありません。マレーシアはカジュアルな服装でもいいとはいえ、アイロンはしっかりかけている人が多いようです。シワがある服はだらしなくみられるので、アイロンをかけるか、アイロンかけ不要の素材を選ぶといいかもしれません。

 

ファッションの流行は特に気にする必要なし

 

多民族国家のマレーシアでは、マレー系はマレー系、中華系は中華家、インド系はインド系でそれぞれファッションの流行があります。そのため、日本のようにみんなが同じような服を着ていたりすることがなく、何を着てもいい雰囲気があります。マレーシアは、全体的にファッションやドレスコードに関してはかなり緩め。なので、日本から服を持ってくる場合、フォーマルな服は最小限でいいでしょう。

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました