【マレーシアで大人気】マレーシアのファミリーマートに行ってみた!おすすめの商品は?

カテゴリ:
マレーシア紹介
更新日:
2021.09.15
日本ではお馴染みのファミリーマート。実は2016年にクアラルンプールに初出店し、今では列ができるほどマレーシアでも大人気なんです!今回は、そんなマレーシアのファミリーマートに行きおすすめの商品を選んでみました!

ファミリーマートのおでん

 

日本のファミリーマートでも大人気なおでん。実は、マレーシアのファミリーマートでも食べられるんです!ファミリーマートのおでんは人気すぎて行列ができることもしばしば。レジ横にはおでん専用の並ぶレーンがあったりと、マレーシア人はおでんが大好きなようです。

 

しかし、通常の日本のおでんとは少し違っており、マレーシア人の舌に合うようにローカライズされています。なんと、通常の出汁のスープではなく、トムヤムクン味でピリ辛になっているんです!

 

スープの色はかなり真っ赤で一見激辛に見えますが、実際は酸味と辛味のバランスが丁度良く、おでんにも合うスープになっています。肝心な具材はというと、通常のおでんの大根や魚の練り物、うどん、煮卵などがあります。また、トッピングも豊富で、インスタントヌードルや、チーズなども追加することができます。

 

日本とは一味違うマレーシアのおでん、是非試してみてください!

 

ファミリーマートのスイーツ

 

日本のファミリーマートと同じように、マレーシアのファミリーマートにはたくさんのスイーツがあるんです!ロールケーキやクレープ、今流行りのバスクチーズケーキもあります。

 

その他のケーキのクオリティはかなり高く、レッドベルベットケーキやチーズケーキなど、コンビニとは思えない商品もいくつかあるんです!

 

ご覧の通り、かなり商品が売れている様子が伺えます↓

 

 

その中でも一番人気なのがこちらのプリン!

 

 

在マレーシア日本人の間でも大人気で、即日完売の店舗もあるくらいです。値段も1つRM5.90 (約150円) とお手頃になっています。※2021年9月現在でのレートです

 

マレーシア限定!ファミリーマートのドリンク

 

日本のファミリーマートでお馴染みのコーヒーマシーン。実はマレーシアのファミリーマートにもあるんです!コーヒーにもこだわっており、店内で挽いた豆を使用しているそうです。

 

また、日本のファミリーマートで大人気なフラッペも、マレーシアで楽しむことができます。そのほかにも、マレーシアのファミリーマートには、日本にないユニークなドリンクがいくつかあるんです!南国らしい、”紫芋とタロイモ団子入りタロミルク”や、日本では見かけないローズミルクなどもあります。

 

その中でも一番人気なのはタピオカミルクティーです。コンビニエンスストアとは思えないクオリティーのもちもちのタピオカを楽しむことができます!

 

 

ファミリーマートのデリバリーサービス

 

 

なんとマレーシアのファミリーマートでは、デリバリーサービスも行っているんです!Grabフードやfoodpandaというデリバリーアプリを使って、自分の好きな商品を店頭から自宅まで届けてくれるんです。

 

おでんやホットフードの注文から、日用品まで取り扱っているので、コロナ禍で外出が難しくてもファミリーマートの商品を楽しむことができます!

 

まとめ

 

マレーシアのファミリーマートはいかがだったでしょうか。日本のファミリーマートと同じ商品や、マレーシアのファミリーマートならではの商品をお手頃価格で楽しめるので、ぜひ一度訪れてみてください!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました