【大人気】日本未上陸の韓国コンビニ”CU”がマレーシアにオープン

カテゴリ:
マレーシア紹介
更新日:
2021.11.17
マレーシアではコンビニブームが来ており以前のコラムで紹介した日本のファミリーマートも大人気のコンビニの1つです。そんなコンビニブームの中、大人気韓国コンビニチェーンの「CU」が、今年4月にマレーシアにオープンしました!マレーシアでは韓国アイドル・韓国フード・韓国ドラマなど、若者の間では韓国ブームが来ているため、CUでも多くの若者を見かけました!

CUとは?

 

 

CUとは韓国で最も大きい市場占有率を持つ大手コンビニチェーンで、いまでは多くの国にグローバル展開している注目のコンビニです。そんなCUがマレーシアに上陸したということもあり、店内は多くの若者で賑わっています。オープンしたばかりなので、店内ではセールも行われており、入店待ちの列ができている店舗も!

 

実は大人気のCUですが、なんと前身はファミリーマートで、ファミリーマートから独立し今はCUという新しいフランチャイズを形成しました。そのため、ファミリーマートのノウハウを受け継いでいるのか、イートインコーナーやスイーツ、ドリンクなど、日本のコンビニと似ているシステムが多く見受けられます。

 

商品紹介

 

CUでは多くのコンビ二スイーツを取り扱っており、クオリティの高い韓国スイーツを試すことができます。その中でもおススメなのがこちらのChapssal-tteokという、韓国餅と呼ばれる大福のようなお菓子です!中にはあんこが入っており、もちもちの生地でとてもおいしかったです!そのほかにもチーズケーキやシュークリームなど、豊富なコンビニスイーツを味わうことができます!

 

また、一番人気なのがこちらのキンパです。キンパとは韓国風海苔巻きで、中にはプルコギや卵焼き、キムチなど、いろいろな具材が入っています。

 

 

CUではチーズキンパやプルコギキンパ、キムチキンパなど、たくさんの種類のキンパがありました。値段もかなりお手頃でRM10以下で購入することができます。(約 273円 2021年11月15日現在)

 

その他にも、日本のコンビニのように、お弁当やおにぎりなどの商品もありました。韓国料理をコンビニで手軽に楽しめるということもあり、お弁当も大人気でした!

 

また、レジ付近で、日本のコンビニにはない、便利な機械を見つけました。なんと、袋に入って売られている韓国ラーメンをパックに移してそのまま調理して食べることができる機械なんです!温度調整などもすることができ、イートインコーナーであたたかいインスタントラーメンを食べることができます。

 

 

ホットフードの種類も豊富で、日本で大流行した、チーズドッグも売っていました。その他にも、韓国の屋台のような大きな鍋で作られたトッポギも販売しておりとてもおいしかったです。

 

CU店舗

 

現在はマレーシア国内に24店舗オープンしておりKLやモントキアラ、1 Utamaなど、主要な場所に展開しているので、近くのCU店舗を探して是非行ってみてください!

 

まとめ

 

 

日本未上陸の韓国大人気コンビニCU、いかがだったでしょうか。マレーシア全土に展開され始めており、おいしい韓国料理やスイーツなどが、どこでも手軽に楽しむことができます!是非お近くにCUがある方は行ってみてください♪

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました