マレーシアで人気のフードデリバリーアプリGrab FoodとFood Pandaを徹底比較!

カテゴリ:
マレーシア紹介
更新日:
2021.03.05
最近は日本でも人気が出てきているフードデリバリーサービス。マレーシアでは日本で利用するよりずっと低価格でデリバリーを頼むことができます!特に人気のデリバリーアプリはGrab FoodとFood Pandaです。お仕事で忙しい毎日にぜひ活用していきたいこれらのアプリ。ではそれぞれの違いは一体なんでしょうか?今回は、そんなGrab FoodとFood Pandaを徹底比較していきます!

Grab Foodとは

 

 

Grab Foodは、配車アプリでマレーシアナンバーワンの知名度をもつGrabが提供しているフードデリバリーサービスです。Apple StoreやGoogle Play から無料でダウンロードができます!

 

配車アプリ、フードデリバリー以外にも

 

・おつかいサービス

・電子マネー

・デリバリーサービス(ギフトや荷物の)

 

などといったサービス展開が豊富で、一つ持っているだけでとっても便利なアプリです

 

Food Pandaとは

 

 

Food Pandaはパッションピンクとパンダのロゴが印象的なフードデリバリーを専門としたサービスを提供するアプリです。こちらもApple Store やGoogle Playで無料でダウンロードができます。フードデリバリーがメインのサービスではありますが最近では

 

・おつかいサービス

・料理の事前注文とセルフピックアップ

 

が始まりました。おつかいサービスではコンビニや薬局の他に、Panda Martという食材が買えるお店も利用できるのが特徴です。

 

2つのアプリはどう違う?

 

では実際この2つのアプリの違いはどういった点でしょうか?それぞれの特徴をいくつかの面から比べてみてみましょう。

 

アプリの使いやすさ

 

Grab Food ◎

 

Grab Foodのアプリはとてもスムーズに動きます。また、アプリ内のデザインも写真やイラストでわかりやすく表示されているため初めての方でも簡単に使えるアプリだと感じます。取り扱われている店舗数はとても多いので、飽きることなくGrab1つで様々な料理に挑戦も可能!店舗数は多いものの店名や食事の種類で検索もできるため、今食べたいものが素早く探せます。

 

Food Panda ◯

 

Food Pandaのアプリもとてもシンプルで使いやすくなっています。難しい操作はないため初めての方でも心配せずに利用ができますよ。しかし、Grab Foodと比べるとアプリにバグが起きる頻度が高いかなと感じます。放っておくと元に戻る場合が多いので問題はありませんが、若干スムーズさに欠けるところがあるといった印象です。食事を選ぶ際の検索はとってもやりやすく、前回検索したものの履歴が残ったり、値段、プロモーション、食事の種類などのフィルターをかけて探すこともできます

 

支払い方法

 

Grab Food ◯

 

Grab Foodでは、Grab Payを使って支払いをするとスムーズかつポイントも貯まるので便利です!Grab PayはGrabの配車サービスや、その他の買い物の際にも使えるため料金をチャージしておいて損はありません。そのほかの支払い方法は、

 

・クレジットカード、デビットカード

・モバイル決済

 

一方で現金支払いができないのが不便だと感じる場合もあるかもしれません。

 

Food Panda ◯

 

Food Pandaでは以下3つの支払い方法があります。

 

・クレジットカード、デビットカード

・モバイル決済

・現金

 

Grab Payのような決済システムはないものの、現金の方がいい方にとってはFood Pandaの方が便利かもしれませんね。

 

値段・プロモーション

 

Grab Food ◯

 

Grab FoodはFood Pandaに比べると送料が大体RM5くらいかかってしまったり、最低購入金額(RM12)を下回るとRM2が別途でかかってしまうところが少しデメリットでもあります。しかし、フリーデリバリーやその他のプロモーションが頻繁に行われているため商品によってはとてもお得に購入することができますよ。

 

さらに、Grab Payを利用して払うとポイントが溜まり、そのポイントを割引券に変換することも!そのポイントはフードデリバリーから以外にも、配車サービス利用時などから獲得することができるため、かなり溜めやすいポイントになっています。

 

Food Panda ◎

 

安さでいうとFood Pandaは個人的に最強です!まずなんといっても最低購入金額がありません。そのため、RM10以下のちょっとしたおやつや安いMamakの食べ物も迷いなく購入することができます。また、配達料も場所によって変わりますが、約RM0.99~4.99とGrabよりお得!

 

そしてやはりFood Pandaで一番の魅力は「フリーデリバリー x 〇〇% Off」の割引プロモーションが重複してある場合があることですね。今月は少し節約したいけど作る余裕もないな、なんてときにはFood Pandaがお勧めです。

 

デリバリー

 

Grab Food ◎

 

その店の混み具合にもよりますが、Grab FoodはやはりFood Pandaと比べると配達のスピードが若干早いような気がします。配達員の追跡もFood Pandaよりも詳細でオンタイムな情報が見れるため、非常に使いやすいと個人的に感じました!さらに、配達員のプロフィールや評価も表示されるためもっと安心して利用できますね。

 

またGrab Foodでは、ドライバーが決まり次第その方と連絡を取ることができます。(Food Pandaではあなたの現在地に向かい始めてからした取れません)事前に伝えておきたいことや、何か聞きたいことがあればすぐにコンタクトが取れるためいざというときに便利です。

 

Food Panda △

 

Food Pandaのデリバリーも問題はないのですが、アプリにバグが起きる頻度がGrabよりも多く初めは戸惑ってしまう可能性もあります。個人的に通知が遅れることが多く、アプリではまだ着いていないのに着いたとの電話がきたり、もう食事を受け取ったのに「もうすぐ着きます」の通知が来たり、、、しかし、基本的に問題なくちゃんとデリバリーされるため心配する必要もありませんよ。

 

まとめ

 

 

今回は、マレーシアで一番人気を誇るフードデリバリーアプリ「Grab Food」と「Food Panda」を比べてみました。

 

内容をまとめると、

 

Grab Foodは

・アプリがとても使いやすく、店舗数が多い

・配達料など値段が少し高額になる

・ポイントがたまりやすくプロモも頻繁に行われている

・デリバリーは比較的スピーディーで、追跡もしやすい

 

Food Pandaは

・アプリはシンプルで基本問題なく使える

・全体的に安く、さらに最低購入金額が設定されていない

・フリーデリバリーと重複したプロモもある

・デリバリーは時々遅い時があったり、アプリにバグが発生する

 

以上のようになります。

 

2つともとても便利なアプリですので両方ともトライしてみては欲しいですが、今回比べたことを参考にしていただいて、ぜひこれらのサービスを賢く利用しましょう!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました