【超人気】マレーシアにオープンしゃぶ葉に行ってみた!

カテゴリ:
実体験レポート
マレーシア紹介
更新日:
2021.10.13
マレーシア就職やマレーシア移住時に、一番気になるには、やはり食事。そんな方に朗報です!なんと、すかいらーく系列の超人気しゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ葉」がSunway PyramidとSunway Velocityにオープンしたんです!そこで今回は在マレーシア日本人の中に旋風を巻き起こした、しゃぶ葉に行ってみたレポートをお伝えします!!

場所

 

 

今回ご紹介するのはSunway Pyramidにあるしゃぶ葉です。ブルーエントランス付近のエスカレーターを上がりGROUND FLOORにあがったら、すぐ右手に見えるのがしゃぶ葉です。午前10時から午後10時までオープンしています。(2021年10月9日現在)

 

現在はコロナの関係もあり、1テーブルに3名まで、6名の場合は隣通しのテーブルに3名ずつ座ることができます(Sunway Pyramid店)

 

 

メニュー

 

コースもいくつかあり、今回は豪州Wagyu&豚&鶏コースを選びました。時間もたっぷり120分あるので大満です!食べ放題のお肉に加えて、カレーライス、麺類、唐揚げ、たこ焼きやデザートまで食べ放題となっています。

 

ランチ(90分間)は、ディナータイムに比べてリーズナブルな価格になっているので、5時前に行かれるのもおススメです!

 

注文方法

 

注文方法に関してですが、お肉のみタブレットで注文する仕組みになっています。注文してから、3分くらいですぐにお肉が到着するので、お腹を空かす隙がありませんでした(笑)

 

 

お肉以外のしゃぶしゃぶ用のタレやその他の野菜、主菜、副菜は自分で取りに行くシステムになっています。また、手袋を着用して野菜などを取るため、衛生的で、安心して食事を楽しむことができました。

 

実食

 

しゃぶしゃぶ用のスープは1テーブルにつき2種類選ぶことができ、今回はすきやき風とだしの2種類を選びました。また、スープが少なくなったら、すぐに店員さんが継ぎ足してくれました。

 

 

肝心のお味は、、、ものすごくおいしかったです!!まるで自分がマレーシアにいることを忘れてしまうくらい、日本のしゃぶ葉クオリティでしたし、店員さんのサービスの良さも相まって、至極の時を過ごすことができました!!

 

 

たれの種類も豊富で、自分の好みのタレをつくることができます。今回はすき焼きのスープを選んだので、海外在住者の憧れでもある、低温殺菌済みの生卵につけて頂きました!

 

うどんやラーメンなどの麺類、カレーライス、たこやき、唐揚げなどもあるので、しゃぶしゃぶだけでお腹を満たしてしまうのはもったいないです!

 

さらにデザートコーナーも大人気で、自分で作れるワッフルやかき氷などもありました!トッピングも豊富で、自分好みのデザートをカスタマイズすることもできます!

 

予約方法

 

今回は、しゃぶ葉が大人気で連日満席ということなので、事前に予約をしてから行きました!

 

ワッツアップで、予約日時・人数を伝えると予約が完了です。7時頃には満席になっていたので、ご予約をされてから行くのがいいかもしれません。

→Sunway Pyramid: 011-5138 7808 

 

2021年10月7日から14日まで、期間限定の10%プロモーションもやっているそうなので、是非今週中に行ってみてください!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました