日帰りで行ける、ケタム島(Pulau Ketam)探索記

カテゴリ:
マレーシア紹介
更新日:
2022.04.25
先日週末に日帰りで行けるケタム島、通称カニ島に行ってきました!小旅行体験の様子をレポートにしてお届けできればと思います!

ケタム島までの行き方と到着後

 

今回訪れたのは、ポートクランから船で20-30分ほどの場所にあるケタム島(Pulau Ketam)、通称カニ島です。今回私は車を使ってポートクランまで来ましたが、KTMという電車でもポートクランまで行くことができます。

KL sentral駅からだと、KTM komuterという電車に乗って約1時間半程度でペルクラン(Pel Klang:正式名Pelabuhan Klang)駅に辿り着きます。

 

 

船乗り場には早速巨大なカニが出現しておりました。船は比較的綺麗で、外に吸われる場所と、中でエアコンの効いた座れる場所と両方とも利用出来るようになっています。

 

到着までは特に大きく揺れることもなく、船酔いの心配は基本ありません。到着すると水上にお家が立っていたりと、クアラルンプールの中心地から1時間ほどでこんなにも都会とは異なる雰囲気を味わえるのに驚きました。またビルなどはもちろんなく、日陰も少ない為ケタム島へ行く際には日焼け止めを持参することをおすすめします!

 

またカニ島とも言われるくらいなので、カニが見えるかなと思っていた矢先橋の下の砂浜に無数のカニがいました。想像よりは小さかったですが、想像以上のカニの数がいてなぜカニ島と呼ばれているかがとてもよく理解できました!!

 

ケタム島での食事

 

ここの島は中華系マレーシア人の方が多く住んでいる為、レストランに関しても基本的には中華系の料理が並んでいます。レストラン自体はいくつかあり、メニューを見て良さそうなところを見つけたので入ってみました。やはり一番おすすめはカニの料理です。また海の近くでもあるので、全体的にシーフードの料理も豊富な種類がありました。

 

 

私たちが頼んだのはこのようなメニューです。カニ自体はハンマーのようなものと、トンカチをもらって自分で砕いて食べるスタイルです。日本のカニのイメージとは違いますが、新鮮でとても美味しかったです。やはりここではシーフードメニューを頼むのがおすすめです。

 

ケタム島でのアクティビティ

 

最後はケタム島に来たらやるべきおすすめのアクティビティを紹介します。

 

 

このバイクを使っての島一周のドライブです!2人まで乗車することが可能なので、お友達や恋人などと交代して楽しめるのもおすすめのポイントです。本当のバイクと違って操作はとても簡単。自転車が乗れる人であればとくに心配する必要もありません。

 

ただし、30km程度速度も出せるので安全運転で運転することをおすすめします!実際にこのバイクで道がある場所は基本どこでも行動できます。ドライブをしながらこんな景色を見たりすることもできます。

 

さいごに

 

マレーシアの旅行といえば、ランカウイや、ペナン、マラッカなど代表的な観光地がありますがクアラルンプールの近くにもちょっと足を伸ばすだけでこんなに都会とは雰囲気の違う観光地に訪れることも可能です。

 

是非、みなさんも行ってみてください!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました