26歳、悩んだ結果マレーシアでの転職を決断できた訳【経験談】

カテゴリ:
就職関連
実体験レポート
更新日:
2021.09.29
マレーシアでの転職理由、行くまでに悩んだ事、海外転職を決めた理由など弊社スタッフにインタビューをしました!マレーシア転職に悩んでいる方は必見のコラムとなっています!!!

Rさん(20代 男性) プロフィール

 

新卒で商社に入社、その後ITベンチャーに転職し、マレーシアの企業に転職、セールス・CSとして活躍。マレーシアにきてちょうど一年が経過。

 

 

-- そもそもなぜマレーシアでの転職をされたのですか?

大学生の時に1年間休学をして海外を放浪する経験をしました。マレーシアには3ヶ月滞在し、そのときお世話になったある日本人社長がいました。日本に戻ってからも定期的に連絡を取り、あるタイミングでマレーシアで働くことに興味がないかお声掛けいただき、マレーシアに来ることになりました。そのため僕の場合はマレーシアを選んだというより、結果的にマレーシアだったという感じです。

 

 

--行くまでに悩んだ事はありますか?

はい、結構悩みました。やはり即決できなかったです。そのときはすでに転職して2社目の企業で働いていましたが、まだ働き始めて1年間、これからもやりたいことがまだあったので、その会社にとどまるかマレーシアに行こうかかなり悩みました。

 

仕事面だけでなく、彼女のこと、日本に残すことになる家族、一度行けば頻繁にはあえなくなる友人、、様々な要素がありました。

 

 

--何が決め手でマレーシアに来ることになったのでしょうか?

1番の決め手は自分がどこまでできるか試したいということでした。元々漠然と海外で働きたいなという考えを持っていて、このタイミングをのがしたら次いつ機会があるかわからなかったので、思い切って目の前のチャンスを掴むことにしました。

 

 

--実際にマレーシアにきてみて、苦労した事はありますか?

はい、山ほどあります。(笑)何せコロナ禍で来たので、来て早々行動制限・ロックダウンがかかりました。そんな状況なので、なかなかマレーシアを満喫できない、友達もなかなかできない、スポーツもできない、何ならレストランでの店内飲食もできない。。仕事面と言うよりも生活面での苦労が多かったです。ただようやくそれも快方に向かっており、最近はかなり緩和されてきています。

 

 

--基本的に生活は英語だと思うのですが、英語に関してはどうですか?

そうですね、基本的には英語が通じる国なので全て英語でやり取りすることになります。完璧な英語が話せなくてもジェスチャー雰囲気で伝わる部分もある生活面では不便してないです。親日国ということもあってか、拙い英語でもかなり丁寧に話を聞いてくれます。

 

 

--英語はどのように勉強されましたか?

オンライン英会話をかなり活用していました。とても便利になっており、1万円程度出せば、かなり満足のできるオンライン英会話サービスがたくさんあります。とにかくコマ数を増やし言葉を発する機会を増やしてトレーニングしていました。

 

 

--マレーシアに来て成長したことや、変わった価値観などはありますか?

1番大きく変わったのは多様性を受け入れられるようになったというところです。マレーシアとても面白い国で複数の宗教・民族から成り立つ国です。そもそも日本の単民族国家特有の「全てを言わなくても感覚でわかるよね」というようなことが通じないケースがものすごく多い。だからこそしっかりと自分の意思を伝える事の重要性を痛感しますね。

 

また人の目を気にしなくなるというのも、成長した部分かなと思います。そもそも一人一人違って当たり前なので、自分の意見を抑えて周りに合わせる必要がない、ということをマレーシア人から学びました。

 

 

--マレーシアで仕事がしたいけれども悩んでいると言う人に何か一言ありますか?

今の心地の良い環境に居続けると言うのも選択肢としてはあるかなと思います。ただもしチャレンジをしたいなと思っているけれども1歩が踏み出せないと言うのであれば、僕個人の意見としては絶対にその一歩は踏み出すべきだと思います。もちろん楽ばかりでは無いですが、それ以上に得るものが大きいです。

 

この先50年60年、あるいはもっと生きていくことを考えると、働き方も生活形式も間違いなく今とは異なるでしょう。そのときにインターナショナルな視点を持って物事を考えられるということは武器になると思っています。武器も身につけられ、海外での楽しい生活も体験できる、そんなチャンスを得ない手はないと思っています!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました