【マレーシア移住】日本へ一時帰国中にコロナ感染した際の備忘録!

カテゴリ:
ライフハック
マレーシア紹介
更新日:
2022.03.04
マレーシア移住後、日本に一時帰国中にコロナに感染してしまったらどう対処すればいいの?日本での隔離はマレーシアとどう違う?そこで今回は、日本に一時帰国を考えている方やこれからマレーシアに渡航を考えている方向けに『日本に一時帰国した際(2021年12月半ば〜2022年2月半ば)の私の経験』を共有できればと思います!

コロナ事情

 

 

2022年3月上旬現在、まだマレーシアでは1日あたり3万人弱の感染者数があります。一方、日本は7万人程度まで下がっているようですが、私が一時帰国していた際は1日あたりの感染者数が10万人を超える日もありました!

 

コロナの症状

 

 

そんな感染急拡大の中、私も一時帰国中にコロナにかかってしまいました。味覚がなくなるなどとよく聞きますが、私の場合は風邪に近い症状でした。熱、咳、喉の痛み、体のだるさがメインで、熱は1,2日目は38度程度出たものの、3日目には平熱に戻っていました。ただ後遺症?というのか、咳は1週間ほど続きました。隔離期間が10日であったため、症状はなくなってもひたすら自宅隔離です。。

 

日本の対応

 

体調不良になってから、PCRを受けるまで少し苦労しました!私の場合、マレーシアに渡航する際、住民票抜いており、日本での保険証もない状態でした。そのため本来日本ではPCRは無料で受けられる状態でしたが、私はこのケースに該当しないとのことで、クリニックや病院でPCRテストすら受けられませんでした。。

 

受け入れてもいいよ!と言ってくれる病院も数カ所ありましたが、検査で3-4万円もするとのことなのでさすがに諦め、PCR検査だけを行ってくれる外部機関(検査キットを届けてくれてその場で検体を提出)に依頼しました。それでもだいたい2万円程度です。

 

当日に結果が出て陽性と判明されて以降、2日目医療機関からの電話で病状確認、3日目保健所からの電話で再度病状確認が続き、正式に陽性確認とされました。※病院で検査をされる方はおそらくプロセスが変わるかと思います!

 

陽性となると自宅隔離となり、買い出しもできなくなるため、地方自治体単位で物資支援がありました。依頼すれば段ボール2箱(10日分の食べ物、飲料)と水のみが入ったダンボール1箱が届きます!※私の場合は保健所からの電話の際に、物資が必要かどうか聞かれましたが、こちらからお願いしないと届けてもらえないケースもあるようです。また合わせてパルスオキシメーターも配送依頼ができます。ただこちらは返還が必要とのことです。

 

参考に東京都住まいの方はこちらから申し込みができます。

 

まとめ

 

 

これだけ感染が拡大している中、意識して気をつけていてもどうしてもかかってしまう場合があるかと思います。感染すると外に出ることもできなくなるため、日常的にある程度の食べ物と水分のストックがあるといいと感じました。一時帰国の際にストックは避けがちではありますが、ある程度用意しておくと安心ですね。

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました