Ipoh ~食の旅~

カテゴリ:
実体験レポート
マレーシア紹介
更新日:
2021.11.04
今回は週末2日間を使ってマレーシア第3の都市とも言われるIpohを訪れた際の旅行記を掲載します!イポーへの行き方、ご飯紹介などをご紹介しています!

そもそもIpohとは

 

 

マレーシア第3の都市とも言われています。クアラルンプールからバスで約2時間半、200kmほど離れた距離にあります。グルメの街としても知られ、中華料理や麺料理はもちろん、もやしも実は有名だったりします。大都市とは違った雰囲気を味わえるので週末すこし遠出したいと思った際にふらっと街並みを楽しみにいくのもいいかと思います!

 

Ipohへの行き方

 

 

バスと電車の2パターンがあります。電車の場合、前もって予約しておかないと席が取れないケースが多いかと思うので事前に予約することをお勧めします。今回ギリギリになっていくことを思いついたため、当日予約しようとしたら空席なく、バスで行くことにしました。

 

ちなみにバスでの電車でも下記サイトから予約できます!

 

事前予約をしたら、いざバスターミナルへ。

 

クアラルンプールからの出発の場合、だいたいTBS (Terminal Bersepadu Selatan)からの出発になるかと思います。チケットは片道23~30リンギットほどです。バスによって充電ができるか、Wi-Fi環境が整っているか変わりますが、Super Niceというバス会社に関してはどちらも整っており、席幅も広くかなり快適でした。

 

食どころ

 

さていよいよメインの食事に関してです。

 

<Restaurant Tet Shin>

 

 

朝食で食べた客家面です。これで6リンギットほど。歯ごたえあってクセになる味です。

@27a, Jalan Yau Tet Shin, Taman Jubilee, 30300 Ipoh, Perak

 

<ONG KEE>

 

 

もやしが有名なIpohですが、ここではそのもやしも、チキンも合わせて食べられます。とても有名なレストランらしく、日本語での様々なブログや、外国人ブロガーが英語でまとめているサイトでも、数多く紹介されています。現地でお会いしたローカルの方々もここのチキンのおかげでここまで育ったという人がいるほど、外国人、現地人共に有名なお店のようです。

@ 48, Jalan Yau Tet Shin, Taman Jubilee, 30300 Ipoh, Perak

 

<天津茶室>

 

 

ここはチキンライスなど、食事ができるところですが、何より有名なのはプリンです。4リンギットほどでかなり大きめなプリンが食べられます。また、これが美味しい。ぜひ立ち寄ってみてほしい場所の1つです。

@73, Jalan Bandar Timah, 30000 Ipoh, Perak

 

<Chokodok Reggae House>

 

かなりオススメのお店です。マレーシア料理が食べられ、また味も美味しいのですが、ここの魅力はそれだけではありません。かなりアットホーム感が漂い、お客さん同士のコミュニケーションが多く生まれる雰囲気です。また定期的に小さなライブも行われているので、生歌を聴きながら食事を楽しめます。

@175, Jalan Sultan Iskandar, Taman Jubilee, 30000 Ipoh, Perak

 

ぜひ、Ipohを訪れる際は試してみてください!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました