映画からわかる、マレーシアってどんなところ!?

カテゴリ:
マレーシア紹介
更新日:
2021.08.26
マレーシアを知れる映画の紹介です!調べるのは面倒でも、多くの方はきっと”映画”を見ることが好きなはず、ということで、マレーシアを舞台にしていたり、マレーシアで撮影されている映画を3作品まとめました。コロナがなかなかおさらず、家にいる時間も多くなっているかと思うので、ぜひ映画で楽しみながらマレーシアに対する知識も深めていただければと思います!

クレイジー・リッチ!

 

 

公開:2018

ポイント:アメリカ製作の恋愛コメディ映画。

     登場人物のほとんどがアジア系というハリウッドではかなりめずらしい作品

舞台:ラワ島、ランカウイ島、KLIA(空港)

視聴方法:アマゾンプライムビデオ、ネットフリックス 2021/08/26現在

 

映画の設定上の舞台はシンガポールですが、実はかなり多くのシーンでマレーシアが撮影場所として使われています。

 

その中でもKLIAを一部ご紹介。クアラルンプール国際空港、つまりKuala Lumpur International Airportの頭文字をとってKLIAと呼ばれています。

 

映画のワンシーン(別れを告げアメリカに帰ろうと飛行機に乗るレイチェルを追いかけ、ニックも乗り込むシーン)でエアアジア(Air Asia)の機内が使われています。エアアジアは赤い機体に赤い制服で有名です。その特徴的な赤い座席が、映画のシーンでも見受けられるかと思います!

 

コンフィデンスマンJP プリンセス編

 

 

公開:2020

ポイント:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世共演のコメディドラマの劇場版第2作目

舞台:ランカウイ島

視聴方法:アマゾンプライムビデオ  2021/08/26現在

 

ランカウイ島といったら、、

・美しいビーチ

・自然(ユネスコ世界ジオパーク認定)

・格安&高級リゾートホテル

です。

国内外から多くの観光客が集まる島です。

 

映画ではセントレジス ランカウイ(ST REGIS LANGKAWI)、フォーシーズンズリゾートランカウイ(Four Seasons Resort Langkawiというホテルが使われています。

 

また、イスラム教徒が多いマレーシアではお酒が高いのが通常ですが、ランカウイは免税の島のため、お酒が安く楽しめるエリアでもあります!

 

夕霧花園 (The Garden of Evening Mists)

 

 

公開:2021年(現在公開中)

ポイント:第二次世界大戦中のマレーシアの歴史を背景として

     日本人男性とマレーシア人女性の愛情物語の真相が明かされていく作品

舞台:キャメロンハイランド、マレーシア全域

視聴方法:映画館 8/26現在、日本で公開中です

 

舞台は1940年代のマラヤ(マレーシア)です。歴史の授業で習ったことを覚えている方も多いかと思いますが、第二次世界大戦中、マレーシアを占領していた時期(1942-1945年)がありました。その時代を日本を誇る俳優阿部寛とマレーシア人女優リー・シンジエが共演し、作品として演じています。

 

映画なのでもちろん全てが事実ではないですが、戦時当時の状況や日本との関係性など、作品から学べることも多いかと思います。なかなかマレーシアの歴史に関して知るきっかけも少ないかと思いますので、ぜひ映画から興味を持ってもらえれば嬉しいです!

 

いかがでしょうか。今回は3作品のみご紹介しました。コロナが明けたらマレーシアに来たいと思われている方はぜひ映画から雰囲気も感じ取ってもらえたらなによりです!

 

また、少しだけマレーシアの映画事情をお伝えすると、、

500円ほどで鑑賞できる、格安!

・日本映画も結構公開されている

・字幕が英語、中国語、マレー語で表示されるのでスクリーンの半分は字幕(笑)

・公開が日本より早いので海外映画をいち早く観れる

といった特徴があります!

 

ぜひ今後お訪れた際には映画館も訪れてみてはいかがでしょうか!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました