絶対に外せない、マレーシアの国民的料理4選!オススメ食事スポットもご紹介!

カテゴリ:
マレーシア紹介
更新日:
2023.09.29
マレーシアの食文化は、多様性と風味豊かな料理が特徴です。その理由の一つとして、マレーシアは、多民族国家であり、マレー、中国、インド、そしてその他の文化の影響が組み合わさっていることが挙げられます。この記事では、絶対に外せない、4つのマレーシアの国民的料理を紹介します。また、マレーシアの豊かな食文化を味わい尽くすためのオススメ食事スポットもご紹介しますので、食べ物好きな方は必見です!

背景

マレーシアの食文化は、異なる民族グループが共存する国としての特徴を色濃く反映しています。マレー人、華人、インド人、その他の民族グループが共存し、それぞれの伝統的な料理が絶妙に組み合わさり、マレーシアの食卓を豊かにしています。

さらに、マレーシアは長い間、アジアやヨーロッパからの移民の拠点であり、異なる文化からの影響を受けてきました。これが、マレーシアの料理に多彩な味わいと多様性をもたらしています。

また、宗教も食文化に大きな影響を与えています。イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教など、さまざまな宗教が共存し、それぞれの宗教的な信念に合わせた食事規則が存在します。これが、ハラール食品やベジタリアン料理の広まりにつながりました。

 

マレーシアの国民的料理4選!

Nasi Lemak(ナシ・レマック)

Nasi Lemakは、マレーシアの国民食とも言える料理です。この一皿には、香り高いココナッツライス、辛いサンバル(唐辛子ペースト)、揚げたアンチョビ、キュウリ、卵、そして通常は揚げた鶏肉やシュリンプが含まれています。この組み合わせは、バラエティ豊かな味わいを楽しむことができ、朝食やランチに広く愛されています。

Sate(サテ)

Sateは、串刺しにした肉(通常は鶏肉、牛肉、または羊肉)を香り高いスパイスで味付けし、炭火で焼いた料理です。もちろんそのまま食べるのも美味しいですが、通常一緒についてくる、甘めのピーナッツソースに付けて食べるのもオススメです。

Sateは屋台から高級レストランまで、どこでも見つけることができ、マレーシアのシンボル的な料理の一つです。

Roti Canai(ロティ・チャナイ

Roti Canaiは、薄く伸ばされた生地を油で揚げ、サクサクの食感を持つインド風のパンです。これをダルカリ(レンズ豆のカレー)やチキンカリーと一緒に食べるのが一般的です。朝食や軽食として楽しむことができ、そのシンプルで美味しい味わいが多くの人に愛されています。

Char Kwey Teow(チャー・クウィ・テオ)

Char Kwey Teowは、シーフードと平打ちのライスヌードルが炒められた料理で、マレーシアの屋台料理の中でも人気があります。濃厚なソースと新鮮なシーフードが絶妙な組み合わせを作り出し、その風味は絶品です。マレーシアでシーフードを楽しむ際には、必ず試してみるべき料理です。

 

オススメ食事スポット

Alor Street

クアラルンプールの中心部に位置するAlor Streetは、様々なマレーシア料理を楽しむことができる人気の屋台街です。多くの屋台や、レストランは深夜まで営業しているため、昼夜問わず食事を楽しむことが出来ます。夜になると、さらに賑やかになり、人も多くなるため、女性にとっても行きやすい屋台街です。

 

Google Map: https://maps.app.goo.gl/FVTb2h1hs9c6tv8x5 

 

NZ Curry House

NZ Curry Houseは、マレーシアの中でも有名なMamak(ママック)店*の一つで、観光客やローカルの方からも愛されているお店です。特にKLCC店では、夜に訪れると、ライトアップされた美しいペトロナスタワーを見ながら食事を楽しむことができます。インド系マレーシア料理を楽しみたい方には、ぜひ訪れてほしいお店です!

*Mamak店とは、主に南インド料理を提供しており、通常24時間営業をしています。

 

Google Map: https://maps.app.goo.gl/czwFYXKXTry7oUHJ8 

 

Nasi Lemak Wanjo Kg Baru 

地元のマレーシア人たちが長蛇の列を作るほど美味しいNasi Lemakを食べたいなら、Nasi Lemak Wanjo Kg Baruは外せないレストランの一つです。

Nasi Lemakに欠かせないサンバルは、唐辛子と様々なスパイスをペースト状にしたもので、お店によって味に特徴があります。特にここのお店のサンバルは甘さと辛さが絶妙にマッチしていて、ご飯との相性も抜群です。一口食べると、その独特の風味に魅了されること間違いありません。

Nasi Lemak Wanjo Kg Baruを訪れれば、本場のNasi Lemakの美味しさを体験できます。マレーシアの伝統的な味を堪能したいなら、ぜひ足を運んでみてください。

 

Google Map: https://maps.app.goo.gl/8zMri17Jr7abHc8z6 

 

まとめ

マレーシアの国民的な料理は、その多様性と風味豊かさで知られています。Nasi Lemak、Sate、Roti Canai、Char Kwey Teowは、マレーシアの食文化を体験する際に外せない料理です。地元の屋台から高級レストランまで、これらの料理を楽しむ機会はたくさんあります。マレーシアを訪れた際には、ぜひこの国の美味しい料理を試して、食事の楽しみを満喫してください!

 

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました