マレーシア就職における準備(必要書類編)

カテゴリ:
就職関連
ライフハック
マレーシア紹介
更新日:
2022.12.23
マレーシア就職、また内定後のビザの申請において必要な準備。そのうちの一つが必要書類の準備になります。 マレーシアの就職や転職におけるスピードは早い時で2週間、平均1ヶ月程度で就職活動を終えられる方が多いのが現状です。 今回は、スムーズなマレーシア渡航を実現する為に必要書類一覧のご説明をさせていただきます!

マレーシア就職における準備

 

 

マレーシアでの就職活動において、皆さんがまず始めるのは求人を探すことや人材紹介会社に登録することだと思います。内定獲得における準備も大切ですが、マレーシア就職を成功させるためには書類の準備を早めに行うことも大切です。今回は、マレーシア就職における必要書類について説明をさせていただきます。

 

マレーシア就職で必要な書類① レジュメ

 

まず初めにマレーシア就職において必要な書類の1つめは「レジュメ(日本語・英語の履歴書、職務経歴書)」です。

 

マレーシアでの内定を獲得するため、またビザの申請が降りるためにとても重要な書類になります。

 

レジュメを作成することにおいて重要なポイントは

①出来るだけ自分が経験したお仕事の内容をなるべく詳しく書くこと

②マネージャーやリーダーなど少しでも何かを任された経験があれば、その情報も追記する

③応募するお仕事内容に近しい経験があれば、極力レジュメにも記載をする

 

これらを意識して書いてみることをおすすめします。

 

また下記はレジュメを作成する時の参考サイトです。

実際に準備する際に、参考にしてみてください。

 

日本語の履歴書・職務経歴書作成の参考サイト

※職種別の職務経歴書の書き方が載っているのでとても参考になります

 

英文レジュメ作成の参考サイト

※英文のレジュメの書き方についても記載しており、テンプレートも使用可能です!

 

マレーシア就職で必要な書類② パスポート

 

マレーシアでのビザ取得のために必要なのがパスポートになります。

 

 

パスポート提出時の注意点

ビザの申請時に必要なのがパスポートですが、いくつか注意点がありますので下記ポイントを確認しながら準備を進めていきましょう。

 

・パスポートの有効期限チェック

会社によっては、有効期限が切れていない場合でも新しいパスポートに更新するように依頼がくることがあります。そのため、パスポートの有効期限と、更新が必要かを事前に確認しましょう。

 

・パスポートページ全コピーの準備

ビザ申請にはパスポートの顔写真があるページだけでなく、表裏の表紙も含めたパスポートの全カラーコピーの準備が必要になります。どの企業に就職するにも必要なため事前に準備しておきましょう。

 

マレーシア就職で必要な書類③(英文の卒業・成績証明書)

 

 

マレーシア就職において、英文の卒業証明書と成績証明書は提出必須となります。(会社によっては卒業証明書のみ必要なケースもあります)

 

基本的には大学などでは、大学のホームページに書類の取得方法などが記載されているケースも多いです。それ以外は、学校に直接連絡をして問い合わせると申請方法などについて教えてもらうことが可能です。

 

新卒の方でまだ卒業証明書がない場合は、卒業予定証明書などがあるため、大学側へ発行可能か確認を入れてみることをおすすめします。

 

※注意;

会社よっては、具体的に〇〇という文言が入っていないと認められないなど、規定があるケースも見受けられます。

事前に内定を受託した会社に確認してみましょう。

 

 

マレーシア就職で必要な書類④(顔写真)

 

 

ビザ取得の申請において最後に必要な書類は、証明写真になります。特に、国によって写真の背景の色やサイズが異なりますので、マレーシアの規定に沿って証明写真の取得をしてみてください。

 

こちらのサイトが参考になりますが、あくまでも最新の規定が変わる可能性がありますので、申請のタイミングで再度確認することをおすすめします!

 

まとめ

 

 

今回はマレーシア就職における準備(必要書類編)をご紹介させていただきました。マレーシア就職において、内定獲得も大切ですが、スムーズなマレーシア渡航を実現させるためにも、書類の準備は前もって対応することをおすすめします!

 

AN Asiaでは日本人求人の案件を多数ご用意しており、皆様の希望する条件にあった仕事探しをお手伝いさせていただきます。また皆様が安心してマレーシア就職できるようサポートさせていただきますので、まずはお気軽にコンサルタントまでご相談ください。

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました