【最新版】日本へ一時帰国するために必要なもの!注意点!

カテゴリ:
実体験レポート
ライフハック
マレーシア紹介
更新日:
2022.10.25
コロナの影響が以前に比べて落ち着いたこのご時世。日本は入国者数の上限を撤廃、そして個人旅行も出来るようになりました。マレーシアから日本へ一時帰国を予定されている方も多いのではないでしょうか。今回日本へ一時帰国するために必要なもの!そして私が経験した注意していただきたい点を紹介したいと思います。

10月11日から日本は入国者数の上限を撤廃、そして個人旅行も出来るようになりますね。

 

入国制限も緩和されつつあり飛行機の便数も増えるようです。

マレーシアから日本へ一時帰国を予定されている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は最新版【最新版】日本へ一時帰国するために必要なもの!

そして私が経験した注意していただきたい点を紹介したいと思います。

 

必要書類 -マレーシアから日本の入国の際-

 

 

必要書類はワクチンの接種回数によって異なります。

 

1.3回接種(ファイザー/アストラゼネカ)の場合

・ワクチン接種証明書

・パスポート

 

2.3回目接種なし

・検査証明書

・パスポート

 

ワクチンの接種回数によって入国前検査の有無は違いますが、「空港での検査」および入国後の待機は不要です!私はマレーシアで3回目の接種をファイザーで済ませていたので入国もスムーズでした!

 

*最新の情報は厚生労働省のサイトをご確認ください。

 

注意点

 

 

ずばり、コロナ陽性になった際の滞在先です!

私は日本を旅行中にコロナ陽性になりました。

 

私が陽性になった時は、陽性発覚→保健所から連絡→翌日、療養施設入所でした。

 

陽性が発覚した日は療養施設に入ることが出来ず、旅行先の友人宅へお世話になりました。療養施設の空き状況によっていつ入所できるか分からないので、旅行中の滞在先へ陽性になった場合滞在できるのかなど、確認しておくことをおすすめします。

 

各県によって異なるとは思いますが、ホテル療養中は朝昼晩3食の食事、朝夕の検温・二酸化炭素濃度の計測、朝夕の体調確認連絡があり空港での入国手続きと同様よく組織されているなと思いました。

 

 

マレーシアと日本の違いが気になる方はこの記事をご覧ください!

マレーシア在住者が日本へ一時帰国中に感じた、マレーシアと日本の違い

 

まとめ

 

今回は日本へ一時帰国するために必要なもの!注意点!について紹介しました。

 

だんだんとマレーシアへ訪れやすく、また日本へ帰国しやすくなってきました。

ぜひみなさんの旅行を楽しんでください!

 

マレーシアを訪れてみて働いてみたい、住みたいと思ったみなさん

マレーシア移住で気になることがあればお気軽にお聞きください!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました