【ペナン島に行ってきた!】おススメ観光地紹介!

カテゴリ:
実体験レポート
マレーシア紹介
更新日:
2022.01.25
国内旅行も解禁され、マレーシアに渡航したらどこに行こうか迷っている方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は観光地としても有名なペナン島のおすすめスポットについてご紹介します!

おすすめ食べ物編

 

 

マレーシアでは州によって有名な食べ物があり、地元の人はみんな自分の故郷の食べ物に、プライドを持っているほど、グルメな人が多いんです!(笑)なので、観光の一番の目玉はやはり食べ物なんです!まずはペナン島で有名な食べ物をご紹介していきます!

 

ジンジャーティー

 

こちらはジンジャーティーといって、屋台で飲める、ジンジャー風味のスパイシーな紅茶です。路上の屋台で温かいお茶を飲みながら、マレーシアのおじさんたちが楽しくおしゃべりしていました。体が温まってとてもおいしかったです。

 

ドリアン

 

2つ目はドリアンです!

 

 

こちらはかなり好き嫌いが分かれると思いますが、ペナン島ではドリアンが有名で、道端の至る所で売っています。私もその独特なにおいに釣られて試してみたのですが、なんと、、カスタードのような風味でとてもおいしかったです!口に入れた瞬間にドリアンの独特なにおいが消えて、ふんわりとした甘みが感じられました!

 

チャークイティアオ

 

3つ目はなんといってもチャークイティアオです。ペナンフードといったらコレです!チャーは炒めるという意味で、クイティアオは麺の種類です!クイティアオはスープクイティアオや他の調理法もあるので、ペナンに行った際はチャーを付けるのを忘れないようにしましょう(笑)

 

チャークイティアオはマレーシア版の焼きそばのようなもので、オイスターソースやサンバルで味付けがされています。もちもちした麺と味の濃いジャンクなソースがマッチしてとっても美味しいです!シーフードの入ったチャークイティアオがおすすめです!

 

観光地編

 

Kek lok si temple

 

 

1つ目はKek lok si temple です。こちらのお寺は30mもあるパゴダや、巨大な観音像などがあり、東南アジア最大級のお寺です。一番上まで昇るのはかなりハードですが、上からはペナン島が一望でき、とても綺麗でした。

 

バトゥフェリンギ

 

 

2つ目はバトゥフェリンギです。

 

こちらは、ペナン島にある有名なビーチで多くの人で賑わっています。水上バイクなどのマリンスポーツも楽しめるので、スポーツが好きな方にはおススメです!また、周りには高級ホテルも多くあるので、綺麗なビーチが一望できるホテルに宿泊するのもいいですね!

 

ジョージタウン

 

 

3つ目はジョージタウンです。

 

ジョージタウンは世界遺産の街でもあり、イギリス植民地時代の面影を残す、西洋風でアンティークな建物が立ち並ぶ風情のある街です。おしゃれなカフェや博物館などもあり、海風を感じながら、気持ちよく過ごすことができます。

 

インディアンストリート

 

4つ目はインディアンストリートです。

 

ジョージタウンには、インド系マレーシア人が多く住む、インディアンストリートもあり、ここではインドの香水やレストラン、洋服屋さんなどインドにいるのかと錯覚するくらいインドを感じることができます。中でもおススメなのが、インドのお菓子屋さんです。

 

こちらはLaddu(ラドゥ)というお菓子で、インド映画によくでてくる白いお菓子のことです!(笑)ひよこ豆の粉と発酵バター、お砂糖で作られたクッキーです。とても甘いのでスパイシーなチャイと、一緒に食べるとマッチして美味しいです!

 

まとめ

 

 

ペナン島の紹介はいかがだったでしょうか?観光地としても人気ですが、最近ではその住みやすさから移住先としても人気になってきました。機会がありましたら、是非行ってみてください!

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました