【マレーシア移住】渡航後の携帯電話はどうするの?おすすめキャリアやSIMは?

カテゴリ:
ライフハック
マレーシア紹介
更新日:
2021.09.01
マレーシアに移住することが決まり着々と準備が進む中で、やはり気になるのが携帯電話。特に渡航後すぐは、マレーシアでインターネットにつなげられるようにしておく方が安心ですよね。今回は、現在マレーシア滞在中の私の体験談も混ぜながら、マレーシアでの携帯電話事情に着いて詳しくお伝えします。

渡航前にしておくこと

 

 

まずしなければいけないことは、日本で使用している携帯電話をマレーシアでも使用できるようにします。マレーシアについてから携帯電話を買うこともできますが、英語での購入に慣れていない方や偽物が出回っている点から、日本から持ち込む方がすぐに使えますしおすすめです。

 

そのためには2つやることがあります。

 

・SIMロックがかかっているかどうか、解除するための条件の確認

・SIMロック解除の手続き

 

日本で使用している携帯電話全てがそのまま海外で使えるというわけではありません。というのも、日本では携帯会社からインターネットの契約と携帯電話本体の購入をする場合が多いです。しかし、その場合はその携帯電話にSIMロックがかかっている可能性があります。

 

私は以前日本で、ソフトバンクで購入したiPhoneを使用していましたが、マレーシアで使用する場合はSIMロックの解除が必要とのことでした。ですので、一度使用中の携帯電話がSIMフリーかSIMロックがかかっている状態かを確認してください。

 

一点注意して欲しいのが、全ての端末がSIMロック解除可能なわけでは無く、それぞれ会社によって条件があります。また、購入時期、購入した会社や支払い状況などによっても変わってくるそうなので、一度ご利用中の会社に問い合わせてみてください。

 

SIMロックが解除可能であれば、携帯会社の店舗、またはご自身の携帯電話のマイページなどから手続きが可能です。SIMロックが解除できたら、準備が完了です!※渡航中の請求を止めるために回線の解約をする場合は、その手続きも行ってください。その際は渡航日ギリギリに行いましょう。Wi-Fiがない場所ではインターネットが全く使えなくなります。

 

マレーシアについてからすること

 

マレーシアについてからは、空港ですぐにSIMカードの購入とプランの選択ができます。飛行機から降り、イミグレーションにいく手前に携帯会社の小さな売り場がいくつも並んでいます。(黄色や赤色でDigi、Maxisなどと表示があります)

 

そこで希望する会社の売り場に行き、SIMカードが欲しいというとプランを見せてくれるのでそこでプランの選択と支払いをします。※パスポートの提示を求められます。

 

私は当時Maxis(赤色のお店)で、6G(1ヶ月間有効)+SIMカードでRM45のプランを購入しました。SIMはお店の人に言うと前のSIMカードと入れ替えてくれます。(前のSIMカードも返してくれます)この時点で選んだキャリアと使用しているSIMカードは、マレーシア滞在中も使うことができるので、特に今後キャリア変更をする予定のない方は、長期的にそのキャリアを利用することを予定して選ぶと良いでしょう。※SIMカードを変えると電話番号が変わってしまうので、極力変えない方が便利です。

 

では、マレーシアでのキャリアはどこを選ぶべきなのでしょうか?

 

マレーシアでの携帯電話

 

おすすめのキャリア

 

マレーシアで代表的なキャリアとしては、Maxis、Digi、Celecom、U Mobileの4社です。

 

しかし、特にその中でもよく利用されているのがMaxisDigiの2社ですので、このどちらかから選べば特に失敗したなんてこともないでしょう。

 

私の場合は、Maxisを選びました。(Maxisの方がインターネットに日本語の情報が多かったため)

 

今のところちゃんと繋がるため、特に不自由は無いと感じます。

 

プリペイド?ポストペイド?

 

いざマレーシアに滞在を始め、長期的にインターネットや電話の使用が必要となるとどんなプランを利用するかも考える必要があります。

 

主な方法としては、

 

・毎回トップアップが必要なプリペイド式

・長期的な契約をするポストペイド式

 

の2つがあります。

 

トップアップとは日本語でいうと「チャージ」ですが、英語で言う場合はチャージだと伝わらないためトップアップと伝えましょう。基本的に、プリペイドはデポジットが無くより気軽なため、今後キャリアを変更する可能性のある方や、マレーシアにどのくらい滞在するかわからない方におすすめです。また、1ヶ月単位など長期的に日本に一時帰国する際には、タイミングをみて無駄なく利用ができるのもメリットだと感じます。

 

一方でポストペイドは、毎回トップアップする手間が省けるので、電話を頻繁に使う方・そのキャリアをしばらく使う予定の方におすすめです。デポジットに関しては、解約時に返金がされますのでご安心を!

 

マレーシア滞在3年目の私の場合は、Maxisのプリペイド式で、1ヶ月6GでRM35のパスを毎回購入しています。このプランには電話は含まれていないため、トップアップの際に自分のアカウントにお金を多めに料金を入れておくと、そこから電話をかけることができますよ。

 

個人的にWhatsappを普段利用するため、あまり電話は頻繁に使わないためこの方法を選んでいます。MaxisのHotlinkアプリからオンラインでトップアップし、そこから毎月同じものを購入しています。

 

トップアップの仕方

 

 

特にプリペイドを使用する方は、トップアップが随時必要になってきます。

 

トップアップの仕方としては、主に以下の方法があります。

 

・店舗でトップアップ

・コンビニエンスストアでトップアップ

・オンラインでトップアップ

 

渡航後すぐは、店舗でトップアップすることをおすすめします。

 

店舗に行って店員さんにトップアップをしたいことと、購入したいプランを伝えると代わりにやってくれますよ。特にMaxisやDigiだと店舗数も多いためアクセスしやすいです。

 

コンビニでのトップアップは、キャリア名を伝え必要分の金額を渡すと、その分トップアップできるPINコードをもらえます。

 

MaxisですとHotlinkから自分のアカウントにログインをして、そこから「TopUp Ticket」を選択してトップアップが可能。

 

すでにマレーシアで口座を開いてあるのであれば、オンラインでのトップアップがさらに便利です!

 

まとめ

 

 

今回は、マレーシア渡航後の携帯電話についてお伝えしました。

 

以上のことをまとめました。

 

  1. SIMロック解除をしておく
  2. 空港でSIMカードを購入する
  3. キャリアはMaxisかDigiがおすすめ
  4. プリペイドとポストペイドの2種類ある

 

携帯電話はどこに行くのも絶対に持っている方が安心ですので、できるだけすぐインターネットを外でも利用できるようにするために、通信データにつなげられるように対応しましょう。

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました