マレーシアで人気のネットスーパー「HappyFresh」とはどんなサービス?

カテゴリ:
ライフハック
マレーシア紹介
更新日:
2020.12.24
外食文化が根強く残るマレーシアでは、ローカルなレストランに行けばおいしいごはんがとても安い値段で食べることができます。しかし脂っこい食事が多いため、マレーシアに移住して長期滞在するとなると健康のためにも自炊はマストですね。でも頻繁にスーパーに買い物に行くのは面倒くさい!今回はそんなHappyFreshとは一体どんなサービスなのかを詳しくご紹介します!

そんな時に活用したいのがマレーシアで人気のネットスーパー、HappyFresh(ハッピーフレッシュ)!実は、マレーシアでは日本よりもインターネットを使ったショッピングが頻繁に利用され、ネットスーパーもその一つです。またHappyFreshは、数あるサービスの中でも質の高さで人気があり、マレーシアに来たときはぜひ活用してほしいサービスです。今回はそんなHappyFreshとは一体どんなサービスなのかを詳しくご紹介します!

 

マレーシアのスーパー事情

 

 

まずは、マレーシアのスーパー事情についてご説明します。マレーシアのスーパーでは、日本のスーパーと違って少し不便だなと思うところがいくつかあります。

 

例えば

・豚肉、お酒は専用の場所で別で売られている

・商品のレジ袋入れはレジカウンターでセルフ

・場所によってはスーパーに頻繁に行きにくい

などなど。

 

イスラム教の国であるマレーシアでは、豚肉やアルコールは他の商品と一緒に並べられていません。大体Non-Halalコーナーなどの場所に分けられており、レジも別々になっているためそれらの商品を買うときはお会計を2度もする必要があります。

 

また購入した後の商品は、日本ではカゴごと別のカウンターに移動して自分のペースで袋に入れることができますがマレーシアではそういったスペースはありません。基本的には袋に入れるのもセルフのため、お会計をしながらあたふた商品を袋に入れていると次のお客さんのお会計が始まってしまうなんてことも。

 

スーパーの行き帰りも場所によっては面倒なもので、歩ける範囲にスーパーがなければ不便さを感じます。日本では車や自転車でササっといけますが、歩道などが整備されていない道が多いマレーシアでは自転車はあまり使えません。

 

一方で車ですと、仕事終わりの夕方のスーパーまでの道で渋滞に合う可能性はとても高いです。これらのことは本当に細かいことですが、頻繁に行くスーパーだからこそ不便に感じてしまいますよね。そんな時こそ、これらの悩みを解決してくれるネットスーパーの出番です!

 

HappyFreshとは?

 

 

 

先ほどもお伝えした通り、マレーシアで一番おすすめのネットスーパーはHappyFreshです。しかし、そもそもHappyFreshとは何なのでしょうか?

 

HappyFreshはインドネシアを拠点として、 2014年にできたばかりのサービス。現在、数あるサービスの中で圧倒的な人気と知名度を誇るネットスーパーです。ネット上であなたの好きなお店を選びそこから商品を購入すると、HappyFreshのスタッフがあなたの代わりにおつかいに行ってくれます。

 

時間も1時間単位の予約制で、選択した時間になるとスタッフがバイクであなたの家の前まで届けに来てくれるというとっても便利なサービスなんです!お店はあなたの家から一番近い店舗となり、距離によって送料が約RM8~RM12かかります。

 

2020年12月時点では、Klang Valley, Penang Island, Melaka, Johor で利用可能なようです。ウェブサイト、又は便利なスマホアプリから商品の購入ができるためちょっとしたスキマ時間にササっと買い物ができますね!

 

 

 

HappyFreshの良い点と気を付けたい点

 

HappyFreshは一番オススメなネットスーパーですが、そんなHappyFreshには良い点の他にも気を付ける必要のある点があります。

 

まず、HappyFreshの人気の秘密には以下の理由があります。

・当日配達ができる

・予約時間内に来てくれる

・在庫切れ時の対応がしっかりしている

・品揃えが豊富

 

HappyFreshの配達は予約制で、3日前から最短で当日の予約ができるので急ぎのおつかいも頼めて便利ですね。それに加えて、ゆったりとした国柄をもつマレーシアでは珍しく?予約時間通りに来てくれるのも嬉しいポイント。

 

また、ネットスーパーでトラブルになりやすいのが在庫切れの商品に関してですがHappyFreshでは

  1. 購入者に連絡をする
  2. HappyFreshのスタッフが代わりの商品を選ぶ
  3. 何も買わない

の3つから選択ができるようになっているため安心です。

 

対応しているお店はスーパー以外にも、薬局、ペットショップ、ワインやコーヒーショップなども選べてなんといっても品揃えが豊富!HappyFreshで様々な商品を購入することができます。

 

一方で、以下のように利用する際に気を付けてほしい点もいくつかあります。

・最低購入額が比較的高額

・他のネットスーパーより送料が比較的高い

・生ものや生野菜などが自分では選べない

 

配達ですので最低購入金額が設定されており、それはお店によって変動しますが約RM50~RM80の場合が多いようです。

 

また、サービスの質が他のネットスーパーより高い代わりに送料が約RM9~RM12と比較的高くなっています。ですので、HappyFreshを利用する場合はなるべくいっぺんに買いましょう。

 

もう一つの注意点として、生ものや鮮度が大切な商品を購入する際は自分で選べないことを覚えておく必要があります。HappyFreshのスタッフも選んで持ってきてはくれますが、たまに野菜に傷がついていたりすることもあるようなので生ものなどは本当に必要な場合だけに買うようするといいかもしれません。

 

HappyFreshの使い方

 

さて、HappyFreshがどのようなサービスなのかを知っていただきましたが、肝心なのは使い方。先ほどもご紹介した通りHappyFreshはウェブサイトやケータイアプリから利用することができどちらもとても使いやすいです。今回はケータイアプリからの使い方をご紹介します。アプリはGoogle PlayやApple Storeからダウンロードできます。

 

 

① まずアプリを開き、位置情報の共有の通知がくるのでそれを許可しましょう。すると近くの店舗を自動で探してくれます。

 

② 画面下のメニューバーにある[Orders]を押しそのページに行くと、アカウント登録を要求されるため、好きな方法を選択し登録をします。

 

 

③ 登録後[Home]のページに戻ると、あなたの近辺にあるお店が出来てきますので好きなお店をクリックし、商品選びを始めます。

 

商品の選択は上のサーチバーから検索もできますし、カテゴリーから見ていくこともできるようです。

 

商品をかごに入れる際は、金額の下にある[Add]を押し、数量を入力します。

 

 

④ 商品選びが終わったら、画面右斜め上にあるカートのマークを押し注文のプロセスに入ります。

 

⑤ 選択した商品を確認し、買い物バッグの選択をしてから下にある[Checkout]をクリックしてください。

 

⑥ 次のページでは、住所入力と宅配時間の選択をします。時間帯によって送料が変わるので注意してください。

 

時間帯選択と住所入力を終えたら[Proceed to payment]をクリックし、支払のページに移動します。

 

⑥ 支払方法を現金、クレジットカード、オンラインペイメントから選び、確認したら[Pay Securely]をクリックしましょう。

 

⑦ 支払いが出来たら、商品が品薄の場合の対応方法を選択する画面が出てきますのでここで選んでください。

 

⑧ 選択が終わり全て確認したら、下の[Confirm all replacement]をクリックしてください。

 

 

そしてこの画面が出てきたら予約完了です!

 

まとめ

 

 

今回はマレーシアで人気のネットスーパー、HappyFreshについてご紹介しました。日本でネットスーパーというと、なんだか高額で手の出しにくいものだという印象がありますがマレーシアではお手頃な価格で利用できます。レーシアでこそネットスーパーを活用して、お仕事で忙しくなる毎日をさらにストレスフリーな生活にしませんか?

マレーシア⇔日本の就職・転職・求人をサポート
AN Asiaは、マレーシア就職/転職/求人はもちろん、マレーシアから日本へのUターン就職/転職/求人もサポートいたします。 マレーシアの事情に精通した日本人、日本の事情に精通したマレーシア人のキャリアコンサルタントが、求職者の方が希望されるキャリアパスやこれまでの経歴に合う職種、ポジションの求人情報をご提案します。 マレーシア国内での就職/転職/求人情報はもちろん、マレーシアで大学を卒業された新卒の方、マレーシアでキャリアアップして日本にUターン転職を希望されている方への求人情報提供、コンサルティングも行って おります。
マレーシアで働くならどのエリア?
日本人を対象とした求人が多いのは、日系企業が多い都市部が中心。求人数が多いのはだんとつでクアラルンプールとその近郊のセランゴール州です。
・クアラルンプール(首都):日本人の大部分はクアラルンプール在住。歴史ある日本人コミュニティがあり、発展した住みやすいエリア。求人数は多く、仕事を見つけやすい。
・セランゴール州:クアラルンプール近郊のエリア。工業団地に工場を構える日系製造業多数。求人数は多く、仕事は見つけやすいが、公共交通機関があまり発達しておらず車がないと不便。
・ペナン州:発展したペナン島の都市部が観光地として有名ですが、橋を渡った半島部には工業地帯が広がり日系企業も多数。移動には車が必須だが、程よく発展して住みやすいエリア。求人情報数はあまり多くない。
・ジョホールバル:マレー半島南端に位置するシンガポ―ルに最も近い町。日本人コミュニティあり。求人情報数は少ない。
・サバ州/サラワク州:ボルネオ島に位置し、製造業が多いエリア。求人情報数は少ないが、給与は高め。
マレーシア就職に役立つコラム更新中
マレーシア就職やマレーシアでの生活に役立つようなコラムを随時更新しています。現地の生活や物価、オフィスで働く様子が分かるようなコラムなので、「マレーシアで働きたいけど、現地での生活がちょっと不 安」という方はぜひご覧ください。
マレーシアの日系企業で働く日本人の通勤用オフィスカジュアル
転職に必須の英文履歴書を書くコツと裏技
「現地採用」と「正社員」の違いとは
クアラルンプールの通勤手段
現地採用のランチ事情にみるマレーシアの物価
私がマレーシアで働く理由~新卒でマレーシアに就職した24歳に聞きました